入退室管理セキュリティ
とは言っても、何から検討したらいいの?

 ICカードをかざすと”ピピッ!”となって電気錠が開く。非接触ICカードを利用した入退室管理システムはセキュリティ対策として非常に身近な存在になりました。具体的なセキュリティ対策は予め定められるセキュリティレベルに基づき、重要度と適正に応じて決定することが望ましいとされています。

NTTカードソリューションでは、最適なセキュリティ対策をご提案・提供するため、現状のセキュリティレベルの整理・定義から、検討をお手伝いしています。現状整理>レベル定義>対策提案>対策提案>教育検討ステップ例
セキュリティレベルの考え方・設定例
■セキュリティレベルの考え方■セキュリティレベル設定例
ゾーン 主なエリア 通行制限 対策
特定 サーバ室
金庫
限定された従業員のみ ICカード+生体認証による入退室制限
専用 事務室
会議室
従業員 ICカードによる入退室制限
共有 エントランス
応接コーナー
従業員
来客者
セキュリティゲート設置による入室制限
パブリック 駐車場 全ての関係者 守衛による受付とカメラ監視

上記の分類レベルはあくまで一般的な例です。
  実情に基づいた整理をお手伝いしますので、お気軽に御相談ください。
代表的なアクセス制御機能(ソフトウェアベース)
ツーパーソンルール
■ツーパーソンルール
 2人で入退室のアクセスを行わせるドア制御ルールです。
 重要エリアにおいて1人での入室を抑止し不正行為を防ぎます。  既に重要エリアに2人以上入室している場合には、1名認証でも入室を許可する設定も可能です。
アンチパスバック
■アンチパスバック
 同じIDで連続して入室または退室ができなくする、ドア制御ルールです。
 別ユーザのID認証時に”共連れ”で入室した場合に、退室できない罰則を与えることにより、厳格な入退室管理が行えます。
ルートチェック
■ルートチェック
 正規と異なるルートでの入室を防ぐ為、特定のゲートを通過しないと、次のゲートで自動的に入室を拒否するドア制御ルールです。
 重要エリアへの入室経路を限定することで、非常階段などからのアクセスを防ぎます。
代表的なセキュリティ製品ツール
■セキュリティゲート
 「1人・1認証」を監視し、不正通行を検知すると警報音が鳴ります。  未承認者の入退館を監視するだけでなく、伴連れ、共謀、妨害、承認後の不通行を検出して、入退室管理システムに必要な機能をサポートします。
 ビルのエントランスやエレベータホール等のアクセス規制に利用されています。
■共連れ検知センサ
 1回の認証で1名だけ通行しているか?のカウントを行います。共連れにより2名以上の通行を検知した場合に、上位システムに発報を行います。

 主に制限エリアへの入室制限に利用されますが、景観上、セキュリティゲートや扉が設置できない「ゲートレス環境」でのセキュリティチェックにも利用されています。
■監視カメラ
 目の届かない場所、防犯上気になる場所を機械の目がカバーします。
 カードリーダやセンサーと連動する事で、利用者が通過したタイミングのみを、撮影することが可能です。

 主に従業員と来客者が混在するエントランスや、サーバ室等の重要室における画像監視に利用されています。
主な取扱システムラインナップ
上記のラインナップは、あくまで一例です。
管理するゲートやセキュリティレベルにより求められる、アクセス制御機能、設置環境、利用者の通行量等を考慮した上で、各セキュリティ製品ツールの特徴を活かした効果的な組合せを提案をさせていただきますので、お気軽に御相談ください。
ICカード・カードソリューション
お問い合わせ このサービスに関するご質問・ご相談はこちらからどうぞ

法人ソリューション事業部
営業部

TEL:03-6433-9327